南アフリカの村人が性犯罪者の局部に火をつけて私刑 この行動は正当化できるのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

考えさせられる話を聞きました。

スポンサーリンク

村で起きた集団暴行事件 犯人を捕まえた村人は

EA 150602 01

ある村で、中学生の女の子が暴漢によってレイプされるという痛ましい事件が起こりました。

犯人は四人組。村人たちが総力戦で犯人を探した結果、ほどなくして主犯の男が捉えられました。この男には過去にもレイプの犯罪歴があることがわかりました。

村人たちは、主犯の男の局部に火をつけてこの男を焼き殺しました。私刑を下したのは、村の伝統的な役職にある者ではなく、現行法に則ってある役職に選出された者です。

「なぜ警察に相談しないのかって? それはもちろん、警察に頼んでも犯人は捕まらないからだ」

「犯人の男を焼き殺したことについて、警察が何か言われないかって? 大丈夫、警察はこの村のルールに理解を示している」

この状況、何から手をつければいいのでしょうか。

※知人の話を元に一部話の内容に手を加えています

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク