スタバの南アフリカ上陸がコーヒー価格値上げのきっかけに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

NewImage

ついに、南アフリカにスタバがやってくることになりました!

報道によると、南アフリカで飲食店などを経営するTaste Holdingsがスターバックス社との独占契約を先ごろ締結。第一号店のオープンは、ヨハネスブルグ(Johannesburg)で2016年を予定しているとのことです。

●米スターバックス、サハラ以南のアフリカに初出店へ

http://jp.reuters.com/article/2015/07/15/starbucks-idJPKCN0PP00Z20150715

南アフリカ向けにどんなアレンジをするのか(しないのか)今から楽しみですが、一方で少し気になる話も聞こえてきています。このスタバ上陸によって南アフリカのコーヒー価格が値上がりするかもしれないというのです。

スポンサーリンク

ローカル価格と比べるとスタバはかなりの高級品に

NewImage

お気に入りのカフェPerfect Cupの外観

そもそも現在、南アフリカでコーヒー1杯の値段は大体いくらくらいなのでしょうか。カフェラテ(ショートサイズ)を基準に調べてみます。

例えば、スタバの競合と思われるセルフスタイルのカフェVida e Cafeのカフェラテは22ランドです。このブログで過去に取り上げたお店では、The Perfect Cupが20ランド、4th Avenue Coffee Roastersが20ランド、Motherlandが23.50ランド(トールサイズ)といった具合です。

Vida e Cafeのようなチェーン店はまだしも、個人店でもコーヒー1杯がこの値段なのは、南アフリカの外食事情から考えてだいぶ割安だと思います。

このようなコーヒー市場に対して、スタバを南アフリカで展開するTaste社の幹部は「国際的な価格を維持するつもりだ」と述べています。米国のスタバでアメリカーノは一杯2.85ドル、これを南アフリカランドに換算すると約35ランドです。スタバの価格と南アフリカのコーヒー価格には、10〜15ランドの開きがあることがわかります。

スタバ上陸が値上げのきっかけに?

NewImage

カフェの経営には焙煎機など機材への投資も必要

ケープタウンで人気のコーヒー専門店Truth Coffee Roastingのオーナーは「スタバ参入によって南アフリカのコーヒーは値上がりするだろう」と予測しています。

「伝統的に南アフリカでコーヒーの値段は安すぎる。1990年代には一杯10ランドからの脱却に苦しみ、今は20ランドの壁(※)がある。スタバが40ランド前後でコーヒーを売り始めたら、コーヒー専門店はそれに続くだろう。値上げといってもスタバより良心的な価格で、そしてより美味しい一杯を提供する自信はあるよ」。

※この場合はカフェラテではなくアメリカーノ

一方で、クラレンス(Clarens)のコーヒー専門店Highland Coffee Roasteryのオーナーは値上げに慎重な姿勢を示しています。

「スタバの国際的な価格は一般的な南アフリカ人にとってとても高額だ。コーヒー専門店は飲食店と同等の利益率を目指す――例えば人件費を含めた一杯辺りの原価が5ランドだとしたら、20ランド程度が妥当な線だろう。値上げが可能だから値上げするという意見には賛同できないな」。

南アフリカのコーヒーシーンにしばらく注目です

消費者としては美味しいコーヒーが気軽に飲める現在の値段設定はとてもありがたい一方で、これで儲けが出るのかな……と少し心配になっていたこともまた事実。

朝食シーンにも欠かせないコーヒーが手の届かない飲み物になってしまうのか、はたまた庶民の味方であり続けるのか、スタバの動向と併せて今後に注目です。

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」に投稿したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク