蛾の意外な活用法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

「緑の渓谷」の別名を持つブライド・リバー・キャニオン(Bryde River Canyon)からの帰り道に立ち寄ったグラスコップ(Graskop)という街で、ちょっと驚きの逸品に出会いました。

スポンサーリンク

食用で親しまれているあの虫が……!

1511 mopani03

さて、これは一体何でしょう?

正解は、蛾の幼虫がつくる繭を紐でつないだものです。形や大きさが割と整っているので、パッと見た時はビーズか何かだと思いました。

それにしても不思議な色をしています。そこでどんな蛾の幼虫なのかを聞いてたら、さらにビックリ! なんとこれはモパニワームの繭で、この繭から糸をつくっているそうです。

この記事に書いたように、モパニワームは南アフリカやボツワナなどの南部アフリカで食べられている蛾の幼虫のことです。食べものとばかり思っていたモパニワームがこんな風に活用されているなんて……。

1511 mopani04

モパニワームにここまで反応する外国人は珍しいのか、さっそく糸紡ぎを実演してくれました。カタタン、トトトン……足踏み式の機会が気持ちのいいリズムを刻みます。

見た目からは想像できないさわり心地

1511 mopani06

そんな糸を使って織り上げたストールがこちら。茶味がかった色はジュートのようなゴワゴワした感じを連想させますが、とても軽くてふんわりとした手触りです。

ちなみに糸の生産に使うモパニワームは決まった種類があり、食用のモパニワームだとこのようにうまくはいかないそうです。

1511 mopani05

店内の奥にある工房にはたくさんの機織り機が並んでいます。

1511 mopani02
笑顔を見せながらも手元を止めないおばちゃんが、

1511 mopani01
着々と織り続ける様子はまさに職人技です。

1511 mopani07

お店の名前はAfrica Silksといいます。接客はとてもフレンドリーながらお土産屋さんにありがちな押し売り感は全くなく、安心して買い物が楽しめます。中心街にあるこの看板を目印に探してみてください。

お店の情報

●名称

Africa Silks

●住所

Louis Trichardt Street, Graskop, Mpumalanga

●電話

013-767-1665

●ホームページ

http://www.africasilks.com/

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」への投稿に加筆したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク