旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年6月版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

Down-town Jo'burg

治安が悪いと言われる南アフリカ。旅行者として南アフリカを訪れる場合に、特に気をつけるべきことをまとめてみます。

南アフリカで特に治安が悪く有名な都市といえば、ヨハネスブルグ(Johannesburg)でしょう。確かにヨハネスブルグの治安はよくありません。ただし、「恐怖!世界一治安の悪い都市ヨハネスブルグの実態まとめ」に書かれている通り、という訳でもありません。

ヨハネスブルグでは、カフェのテラスでコーヒーが飲めます。公園があって、犬の散歩をしている人がいます。ダウンタウンでも、例えば毎週土曜日に開催されるネイバーグッズマーケット(Neighbour Goods Market)は、南ア人や観光客でにぎわっています。

とはいえ、油断は禁物です。南ア人の友人ですら行きたがらない場所はヨハネスブルグに限らず存在するのだから、自分で自分の身を守る努力は欠かせません。そこで今回は、2012年に日本人旅行者が巻き込まれた犯罪をふまえつつ、気をつけるべきポイントを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

旅行者は南アでどのような犯罪に巻き込まれているのか

在南アフリカ日本大使館が公表しているだけで、2012年には例えば次のような犯罪に旅行者が巻き込まれています。

●宿泊先での被害

(事例1:窃盗 ケープタウン)7時、女性2名が、バックパッカーズホテルで宿泊中(部屋の鍵は無施錠)に外から黒人に侵入された。パスポート、現金、カメラ、パソコンなどを盗まれた。

(事例2:窃盗 ケープタウン)10時から12時までの外出中に、滞在先のバックパッカーズホテルの部屋にあったバッグから現金が盗まれた。

●レストランでの被害

(事例3:置き引き ケープタウン)20時頃、男性被害者がウォーターフロントのレストランで食事をした。気がつくと、足元に置いていた鞄がなくなっていた。

(事例4:置き引き ケープタウン)7時、ホテル内にあるレストランで朝食中に置き引きの被害にあった。椅子にかけてあったカメラ、パスポート、免許証などの入ったバッグが盗まれた。

●路上での被害

(事例5:強盗 ケープタウン)22時頃、滞在先からレストランへ徒歩にて向かう途中に2名の黒人に囲まれて拳銃を突きつけられ、「静かにしろ」と脅された。男性被害者は怖くなり「Help me!」と叫んだ。黒人らは拳銃を向けながら被害者の頭を殴るなどの暴行を行い、所持していたショルダーバッグ、携帯電話などを強奪された。

(事例6:強盗 ヨハネスブルグ)14時30分頃、女性被害者はヨハネスブルグ中心部の路上を歩いていた。突然3人組の男に口を押さえられ、引き倒された後、腰に巻いていたウエストバッグ(パスポート、現金20万円、クレジットカードなど在中)を強奪された。

(事例7:強盗 ヨハネスブルグ)15時頃、男性被害者はヨハネスブルグ駅周辺において、タクシー乗り場を探していた。肉を焼いて販売しているコンゴ人の男と親しくなり、その友人にタクシー乗り場まで案内してもらっている途中、突然4人組の黒人に首を絞められ、引き倒された後、パスポート、現金、上着、カメラを強奪された。

(事例8:強盗 ヨハネスブルグ)0時頃、被害者男性はタウンシップ(旧黒人居住区)を歩いていた。3人組の黒人に囲まれ、無言で威圧されながら鞄を強奪された。被害者は手に持っていたビール瓶で抵抗しようとしたが何もできなかった。

(事例9:強盗 ヨハネスブルグ)夕方に男性被害者がヨハネスブルグ中心街(カールトンセンター付近)を友人と2人で歩いていた。すると、後ろから歩いてきた3人組の男にナイフで首から提げていた袋の紐を切られ、現金等を強奪された。

(事例10:強盗 プレトリア)6時30分頃、被害者男性は市内中心部(チャーチ・スクウェア付近)路上に立っていた。すると、前から歩いてきた3人組の黒人に囲まれ、ナイフで脅されながら財布、携帯電話を強奪された。被害者はズボンに財布を紐で結びつけていたが、ナイフで切られた。

旅行者が南アで犯罪に巻き込まれないために何をするべきか

これらの犯罪からの教訓もふまえつつ、特に南アフリカで気をつけるべきポイントを挙げてみます。

●宿泊先で

  • 貴重品を部屋に残さない。目につく場所に置かない。
  • 荷物にはカギをかける。

●レストランで

  • 荷物は椅子の背には置かない。目の届く場所、例えばテーブルの上などに置く。
  • 見知らぬ人から話しかけられた時は、多少警戒しながら接する。

●路上で

  • アジアとは違い、日本人は目立つということをまず認識する(←これ重要です)。
  • ダウンタウンやタウンシップなど、危ないと言われている場所に近づかない。
  • 日中でも単独での行動はなるべく避け、複数での行動を心がける。
  • 深夜や早朝など、暗い時間帯の外出は短い距離でも避ける。
  • 万が一強盗に遭った場合は、あきらめて抵抗しないこと。状況を悪化させる危険性がある(友人の南ア人談)。
  • デモやストライキなどの情報に気を配る。
  • 高額紙幣や貴重品(デジカメ、スマホ、iPodなど)を街中で露出しない。

●その他

  • 深夜や早朝に新しい街に到着するスケジュールを立てない。
  • 警察、救急、銀行やカード会社の連絡先、大使館などの緊急連絡先を控えておく(ただし南アの警察はアテにならないかも……)
  • 海外旅行保険に加入する。万が一盗難に遭った時にとても助かる(体験談)。

なお、空港やホテルでの注意事項は前特派員の中川さんがまとめてくれていますので、こちらもぜひどうぞ。

南アフリカの治安1 安全な旅行のためのアドバイス
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/2009/12/post_84.html

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」に投稿したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク