ヨハネスブルグがアフリカ大陸で一番◯◯な街に選ばれました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

1308 joburg

危険な街……じゃないですよ。

「アフリカ大陸でもっとも人気がある街はヨハネスブルグ」と南アフリカの旅行専門メディアTraveller 24が報じました

これは、米国マスターカード社が毎年発行している「MasterCardグローバル・デスティネーション・シティ・インデックス(世界観光都市指標)」に基づくもの。

同統計は2014年のヨハネスブルグへの宿泊を伴う訪問者を430万人と推計しており、これはアフリカ大陸の都市の中でケープタウン(160万人)、カイロ(140万人)、ラゴス(130万人)など他のアフリカ各都市を大きく引き離す結果となっています。

世界全体に目を向けてみるとヨハネスブルグは、第1位のロンドン(1869万人)を筆頭とするトップ20ランキング入りは残念ながら果たせませんでした。

しかし、年間430万人の来訪者数は例えばプラハ(490万人)やミュンヘン(490万人)、ロサンゼルス(499万人)、北京(440万人)などに迫り、トロント(360万人)やサンフランシスコ(360万人)、メキシコシティ(260万人)、サンパウロ(250万人)などを上回るなかなかの数字。アフリカ大陸の一大拠点となっていることがわかります。

●2014年 世界の観光都市トップ20

1 ロンドン 1869万人
2 バンコク 1642万人
3 パリ 1557万人
4 シンガポール 1247万人
5 ドバイ 1195万人
6 ニューヨーク 1181万人
7 イスタンブール 1160万人
8 クアラルンプール 1081万人
9 香港 884万人
10 ソウル 863万人
11 バルセロナ 737万人
12 アムステルダム 723万人
13 ミラノ 682万人
14 ローマ 679万人
15 台北 629万人
16 上海 609万人
17 ウィーン 605万人
18 リヤド 559万人
19 東京 538万人
20 リマ 511万人

出典:MasterCard 2014 Global Destination Cities Index

ちなみにヨハネスブルグへの渡航者数が多い上位5都市はロンドン(45.8万人)、フランクフルト(30.5万人)、ハラレ(26.9万人)、マプト(20.4万人)、そしてパリ(19.8万人)。ヨーロッパの主要都市が並ぶ中にハラレとマプトが割って入る辺りに、南アフリカらしさが現れています。

また、ヨハネスブルグの人口は約443万人(2011年)です。街を歩いていてもあまり「よそ者」感を感じないのは、人口に匹敵するだけの人の往来が関係しているのかもしれません。

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」に投稿したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク