必要?不要? 南アフリカのチップ事情(駐車場編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
ローズバンク(Rosebank)のショッピングモールにて

ローズバンク(Rosebank)のショッピングモールにて

南アフリカに滞在するとついて回るものの一つにチップがある。日本人にはあまりなじみのないこの習慣、どう対応するのがいいのだろうか。

ガイドブックを読むと「レストランでは10〜15%くらいのチップを付けて支払おう」などと書いてある。これは正解。僕もランチでは10%くらい、ディナーではもう少し多めにチップを付けるようにしている。
ところで、チップを渡すのはレストランだけではない。そこで、今日は車社会で何かとお世話になる駐車場のチップ事情を紹介したい。

僕がもっともよく使う駐車場は、ショッピングモール(モール)のものだ。というのは、何か買い物をするときには、スーパーを含めて便利なお店が集まっているモールに行くのが手っ取り早いから。あとは、路上に停めることも多い。カフェやレストランなどの路面店に行く時には、路上の駐車スペースを使うことになるからだ。

で、車を停めるとモールの駐車場なら警備員が、路上では警備員のようなお兄さん(お姉さん)がそれぞれ車を見張ってくれる。「警備員のような」と書いたのには訳がある。彼らの素性は近隣のお店に雇われている「警備員」だけではなく、お金を稼ぐために自主的に警備員をやっている人などさまざまだから。

そして、チップは彼らに渡すことになる。でも、いつでも誰にでも渡す訳ではない。僕は自分なりの簡単なルールを決めている。

●きちんと仕事をしてくれた人に支払う
駐車スペースを見つける、出庫を手伝うなど、何か仕事をしてくれたお礼としてチップを渡す。でも中にはいるんです、何もしていないのに出庫の時に突然走ってくる人がw そういう人にチップだけ渡すのはNG。

●短時間の時は支払わない
●小銭が無い時は「ごめんね」と伝える

支払いは出庫の時にすれば大丈夫。車を出したが後に、窓越しに小銭を持った手を伸ばせば受け取りにきてくれるはずだ。僕は夜に長時間停めるような時にはできれば5ランド(=50円。小銭で一番大きな金額)を、昼は3〜4ランドくらいを目安に渡すようにしている。

ちなみに、ふと彼らの給料が気になって南ア人の友人に聞いてみると、「(マカドの)モールで働いている人で月2500ランド(=約2万5000円)くらいかな。1日12時間労働も普通だよ」とのこと。南アの物価は安くない。肉や野菜は日本より安いけれど、コーラ(330ml)が1本100円前後、ガソリンはリッター120〜130円で日本とあまり変わらない。それに、日本のように通勤手当が当たり前に支払われる訳ではない。チップは少ない給料を補う貴重な収入源なのだ。

チップは強制ではないけれど、安心して出かけられるのは彼らの存在があってこそ。買い物や食事を楽しんだ後は、ぜひ少しばかりのお気持ちを。

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」に投稿したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク