ケープタウンの犯罪事情/旅行者のための南アフリカ治安情報(2015年3月版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

1410 tm06

これまでにこのブログでは南アフリカやヨハネスブルグについての治安情報を多く記事にしてきました。ところで、多くの旅行者が訪れるケープタウンにについてはどうでしょうか。

在南アフリカ日本大使館が公表している情報を元に、2014年にケープタウンで日本人が巻き込まれた犯罪についてまとめてみます。

スポンサーリンク

ケープタウンの一部地域の治安はここ数十年で最悪の状況に

ケープタウンの治安、特に観光客にも人気があるロングストリート(Long Street)やグリーンマーケットスクエア(Green Market Square)は、ここ数十年で最も治安が悪化しているとの報道がなされています。現在の主な被害は店舗での万引きや強盗ですが、観光客への影響の広がりが心配されています。

日本人はケープタウンでどのような犯罪に巻き込まれているのか

在南アフリカ日本大使館が公表しているだけで、2014年には例えば次のような犯罪に日本人が巻き込まれています。

(事例1:強盗 ケープタウン)17時頃にクリスチャンバーナードストリートで男性は1人で歩いていた。すると、後から付けてきた刃物を持ったアラブ系の若い男に金と携帯電話を渡すよう脅された。男性が助けを呼ぼうとしたところ犯人にナイフで切りつけられ、腕に切り傷を負った。犯人は何も奪わずに逃走した。

(事例2:強盗 ケープタウン)21時頃、留学生がボ・カープにあるホームステイ先の玄関前で強盗の被害に遭った。突然後ろに1人の黒人が現れ、バッグを寄越せとナイフで脅した。男性はバッグを渡し、犯人は逃走した。男性に怪我はなかった。

(事例3:強盗 ケープタウン)23時頃、サイモンズタウンにあるジュビリースクエアのATMで女性観光客は現金を引き出そうとした。ATMからカードが出てきた瞬間、後ろの男に カード奪われた。犯人は逃走した。

(事例4:強盗 ケープタウン)19時頃 、男性観光客がケープタウン市内のガソリ ンスタンドに備え付けられているATMで現金を引き出そうとしていた。すると黒人男性2人組が男性に対して操作の圃場を名乗り出てATMの間違った操作を教え、隙を見てカードと暗証番号を盗み取った。犯人らは信頼を得るために自らの現金と財布をちらつかせ、外には見張り役を立たせるなど犯行は計画的かつ用意周到だった。

(事例5:窃盗 ケープタウン)25時40分、Cape Town Ritz Hotelにて男性が就寝中に部屋内の6万円を盗まれた。男性は部屋の鍵はかけていたら、内鍵はかけておらず、また金庫も使用していなかった。防犯カメラには、犯人がカメラに覆いをかぶさる姿が映っていた。

(事例6:窃盗 ケープタウン)20時頃、宿泊先のホテル前の路上にレンタカーを駐車していたところ、左後部ドアのガラスが割られ、トランク内の荷物(土産、書類)が盗まれた。宿泊先には駐車場の設備がなかった。

(事例7:窃盗 ケープタウン)26時頃、ロングストリートのバーでお酒を飲んでいた男性の鞄が何者かに開けられ、中に入っていた現金、パスポートおよびその他貴重品類が盗まれた。

(事例8:窃盗 ケープタウン)20時頃、ケープタウン市内のヒルトンホテルに停車していた観光バスに男性が荷物を置いて5分程離れた。バスに戻ると何者かによってバッグおよびパスポート、パソコン、現金などの貴重品類が盗まれていた。

ケープタウンで犯罪に巻き込まれないために何ができるのか

今回取り上げた事例はケープタウンで起きている犯罪のすべてではありませんが、共通して夕方以降に発生しています。暗くなってから出歩く際には特別に注意を払う必要があるでしょう。

また、南アフリカでは現在、電力需給の逼迫から計画停電が頻繁に行われています。停電時にはセキュリティ関係の設備が通常よりも甘くなることから、犯罪がより用意に行い易くなります。同時に、暗闇対策としての懐中電灯の常備や、緊急連絡手段としての携帯電話の電源(モバイルバッテリー)などの確保も怠らないようにしたいところです。

南アフリカで犯罪に巻き込まれないための一般的な対策としては、旅行者のための南アフリカ治安情報(2013年6月版)に書いた内容が参考になると思います。抜粋して貼り付けましたので、下記をご覧ください。

●宿泊先で

・貴重品を部屋に残さない。目につく場所に置かない。

・荷物にはカギをかける。

●レストランで

・荷物は椅子の背には置かない。目の届く場所、例えばテーブルの上などに置く。

・見知らぬ人から話しかけられた時は、多少警戒しながら接する。

●路上で

・アジアとは違い、日本人は目立つということをまず認識する(←これ重要です)。

・ダウンタウンやタウンシップなど、危ないと言われている場所に近づかない。

・日中でも単独での行動はなるべく避け、複数での行動を心がける。

・深夜や早朝など、暗い時間帯の外出は短い距離でも避ける。

・万が一強盗に遭った場合は、あきらめて抵抗しないこと。状況を悪化させる危険性がある(友人の南ア人談)。

・デモやストライキなどの情報に気を配る。

・高額紙幣や貴重品(デジカメ、スマホ、iPodなど)を街中で露出しない。

●その他

・深夜や早朝に新しい街に到着するスケジュールを立てない。

・警察、救急、銀行やカード会社の連絡先、大使館などの緊急連絡先を控えておく(ただし南アの警察はアテにならないかも……)。

・ 海外旅行保険に加入する。万が一盗難に遭った時にとても助かる(友人体験談)。

みなさんのケープタウン滞在がトラブルに見舞われることなく、思い出深いものになることを心から願っています。

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」に投稿したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク