生肉も食べれられます ヨハネスブルグのエチオピア料理店Abyssinia Restaurant

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

南アフリカに住んでいると、アフリカの各国料理を食べる機会が多いんじゃない?

たまにこんなことを聞かれるのですが、答えは残念ながら「NO」です。自炊をする時は和洋中色々とつくりますがアフリカ料理にまではなかなか手が出ないですし、外食をしても向かう先はいわゆるカフェやレストラン、あるいはパブが多かったりします。

美味しい南インド料理を求めてわざわざインド・パキスタン人街にまで足を運んだりとレストラン探しには割と手間暇をかけている方だと思うのですが、アフリカ各国料理のお店は治安的に行きにくい場所に多いようで、なかなか手が出しにくいのです。

ということで、久しぶりにアフリカの味を楽しもうと、本格的なエチオピア料理が楽しめるAbyssinia Restaurantに行ってきました。場所はケンジントン(Kensington)。チャイナタウンのすぐ近くです。

1411 ethiopia02

入口の看板がだいぶ怪しい感じですが(写真撮り忘れました)、臆することなく中に入ると雰囲気のある空間が広がっています。

1411 ethiopia01

注文すること数分で大きなお皿にふわりと載っているインジェラとおかずが登場! 別皿に盛られているのはスパイスで味付けをした生肉です。

食べる時は手を使うのがベスト。指先でも味わうことができるので、なお美味しくいただけます。各自の皿に取り分けるのではなく、このお皿に手を延ばして直接いただきます。

インジェラはエチオピアの主食で、おかずの下に敷かれているクレープ状のもの。テフという非常に細かい穀物を粉にして、水で溶いて発酵させた生地を焼き上げてつくります。白と黒、二種類のインジェラの色の違いは元々の違う種類のテフを使っていることに由来します。

この写真でたっぷり大人4人分。右上隅に小さく写っている330ml入りのビール瓶と比べてもらうと、大きさがなんとなく想像できるんじゃないでしょうか。

1411 ethiopia03

めったに食べる機会がないエチオピア料理なので僕たちは色々な種類のおかずを頼みましたが、本場エチオピアでは特別な日以外にはおかずは1種類ということが殆どだそう。しばらく話し込んだエリトリア人(文化的にエチオピアととても近い)の方も、おかずは一種類でした。

1411 ethiopia04

お腹がいっぱいになったところで、エチオピアコーヒーを注文です。慣れた手つきでコーヒーを準備してくれるこの女性の方は、実はお店の方ではなくお客さん。他にも何組かオーナーと親しく話しているお客さんたちがいました。

お店の隣には、エチオピアのDVDやCDを販売するショップがあって、その隣にはシーシャ(水タバコ)屋さんが。この一角は、エチオピア南アに住むエチオピア人の集いの場になっているようです。

1411 ethiopia05

大飢饉に見舞われた1980年代のエチオピアに3年間滞在した経験を持つ先輩は「ここは美味しいよ。本場の味だ」と満足気。お会計もお酒やコーヒーを含めて1人100ランド強と値段もとても良心的でした。

さて、次はどこにしようかな。久しぶりに他国のアフリカ料理を食べて、なんだかスイッチが入りました。美味しい西アフリカ料理店がダウンタウンにあるという噂を聞いたので、チェブジェン目当てに訪問しようと計画中です。

スポンサーリンク

お店の情報

●名称

Abyssinia Restaurant

●住所

Corner Langerman Drive and Queen Street, Kensington, Johannesburg

●電話

072-918-8824

●ホームページ

http://www.eatout.co.za/venue/abyssinia-restaurant/

※この記事は「地球の歩き方特派員ブログ」に投稿したものです。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/johannesburg/

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク