一時帰国時のデータ通信&携帯電話の使い方(2013年4月版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

【お知らせ】2015年6月時点でのスマホ用プリペイドSIM4種類を比較する記事を公開しました。下記のリンクからご覧ください。

●一時帰国時に「使える」プリペイドSIMはどれだ? スマホ用4種類を比較/一時帰国時のデータ通信&携帯電話の使い方(2015年6月版)
http://cacia.net/mobile-phone-temporary-return-1506.html

Slidescreen

海外在住者向けの記事です。

一時帰国時の携帯電話をどうするかって、悩ましい問題だと思います。できれば、使い慣れているiphoneやスマホを一時帰国時もそのまま使いたいとことです。とはいえ、ローミングは高すぎますよね。

一昔前ならあきらめてしまうところですが、嬉しいことに、最近はDocomo・au・ソフトバンクの以外にも選択肢の幅が広がってきています。その中から日本通信のAmazon SIMを試してみたところ、約3週間快適なデータ通信ができましたので、その方法をシェアしたいと思います。

タイトルに「2013年4月版」と書いたように、この記事の内容は2013年4月に一時帰国した時に僕が実際に行った方法です。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

南アフリカから一時帰国 VodacomのGalaxy S2を日本で使う

まず、僕が普段使っている携帯、つまり一時帰国時に使ったスマホを紹介します。

・国名: 南アフリカ共和国
・キャリア: Vodacom
・機種: Samsung Galaxy S2 GT-I9100
・契約形態: コントラクト

コントラクトとは、日本で一般的な後払いでの契約ですね。日本だとSIMロックなどが気になるところですが、南アフリカにそのようなものはありません。したがって、南アフリカ国内の他キャリアのものでも、今回使った日本通信のものでも、SIMを挿せば普通に動きます。プリペイドで使っているという人は、その機種を使っても全く問題ないでしょう。

ちなみに、これは余談ですが、南アフリカでは(特に田舎だと)電波状況が不安定なためか、複数のキャリアのSIMを使っている人が少なくありません。

「日本通信 bモバイル 3G・4G 1GB定額」を選んだ理由

正直に話すと、元々は「音声通話+データ通信」のプリペイドSIMを探していました。

例えば同じく日本通信の「スマホ電話SIM」の購入を考えたのですが、注意書きをよく見てみると「4ヵ月以内の解約金には8400円が発生」と書かれています。僕の一時帰国は約3週間でしたのでこれに該当してしまい、SIMの購入代金と通話+データ通信の料金を加えるとかなりの出費になってしまいます。これはちょっと厳しいです。

日本通信以外にも何かオプションがないか探したのですが、残念ながらちょうどいいものは見つかりませんでした。そこで、「スマホはデータ通信専用」と割り切って使う方針に切り替えました。

さて、データ通信用SIMを選ぶ際に特に重視したのは、「契約期間の縛りがないこと」「費用が安いこと」「十分な通信速度があること」です。

そして色々なSIMを比べた結果、僕は最終的に「日本通信 bモバイル 3G・4G 1GB定額(有効期間30日)」を選択しました。このSIMの特徴を簡単にいくつか挙げてみたいと思います。

・プリペイドなので、かかる費用はSIM購入代金(約3000円)のみ
・有効期間はアクティベート後30日間
・契約期間、解約金などの縛りはなし
・1GB使いきり。ただし、リチャージ可能
・データ専用SIMのため、音声通話はできない

残念ながらデータ通信専用のため音声通話はできません。でも、データ通信用SIMに求める全ての条件を全て満たしているということで購入を決めました。正直1GBという容量は少し心配でしたが、この記事の最後に書いたように3Gを常にオンにしていても使い切れず、むしろ最後はもったいないのでやや無理矢理に使ったくらいでした。

音声通話をどうするか IP電話を使う手もあり

とはいえ、音声通話ができるに越したことはないですよね。この点はどうすればいいのでしょうか。

実は今回は、南アフリカの友人から貸してもらったソフトバンクのプリモバイルを使いました。このプリモバイルはそれなりに便利なのですが、「契約から360日以上プリペイドカード(通話料)の登録がないと自動的に解約されてしまう」というルールがあるんですよね。

友人「電話番号を維持するために一度チャージして欲しい」、僕「音声通話できる端末が欲しい」というニーズが一致したのでこの電話を借りて、通話はプリモバイル、データ通信はスマホという風に使い分けました。

ただし、スマホ1台でいきたい!という人は、SkypeやLine、ViberなどのIP電話を使うという手もあるのではないかと思います。

プリペイドSIMの購入方法


さて、「日本通信 bモバイル 3G・4G 1GB定額(有効期間30日)」はAmazonで簡単に購入できます。僕は帰宅してすぐに使いたかったので、一時帰国前に注文を済ませておきました。

ここで気をつけたいのは、SIMの大きさが2種類あることです。自分のスマホのSIMの大きさ、ご存じでしょうか?

例えばGalaxy S2は通常サイズのSIM。iphoneはマイクロSIMを使います。僕は南アフリカに戻る際に、シンガポールから一時帰国中だった友人にSIMを譲ろうと思ったのですが、サイズが違うので入りませんでした。購入する前に、SIMの大きさを必ず確認してください。


SIMの設定方法はとても簡単です。日本通信のホームページを読めば、特に迷うことなく設定できるのではないでしょうか。僕はこのようなSIMを初めて使いましたが、戸惑うことはありませんでした。

●設定一覧
http://www.bmobile.ne.jp/devices/setting.html

実際に使ってみての感想など

約3週間、とても快適に使えました!

東京都内はもちろん、旅行で訪れた長崎県や佐賀県でも電波が切れることはほとんどありませんでした。LTEのような最新のものと比較すると速度は落ちるのだと思いますが、メールやFacebook、地図などの用途には全く問題なく使えます。

データ使用量は約750MBでした。帰国直前に「このまま余らせるのはもったいない!」と思ってやや無理矢理に使った分もあるので、僕のような使い方であれば1GBというのは十分な容量だと思います。

・期間: 2013年4月2日〜24日
・利用方法: 外出時は常に3Gオン。自宅ではWi-Fiを使用
・用途: メールやFacebook、地図など
・データ使用量: 約750MB

長くなりましたが、以上でレポートを終わります。何かの参考になれば幸いです。

ご意見やご質問にはわかる範囲で答えたいと思っていますので、コメント欄に記入してください。

追記

2013年7月に一時帰国した時の経験をふまえて、新しい記事を書きました。課題だった「音声通話をどのように確保するか」についての実践レポートです。よろしければこちらもお読みください。

一時帰国時のデータ通信&携帯電話の使い方(2013年7月版)

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
  • ヒデ

    ボストンに留学中している大学院生です。これってアメリカ購入したスマホでも使えるんでしょうか?

    • http://www.cacia.net/ Kacha

      友達はアメリカで買ったiphoneにマイクロSIMを挿して使っていました。たぶん問題ないかと!