デュアルSIM携帯でキャリア+MVNOは難しいみたいです/一時帰国時のデータ通信&携帯電話の使い方(2014年3月版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

1403_mobile

前回の続きです。

デュアルSIM携帯にキャリア(Docomo)とMVNOを2枚挿しすれば、2台持ちをすることなく音声通話とデータ通信を割安に運用できるのでは?

そう思って色々と調べてみました。ですが……残念! 今のところ日本で、デュアルSIM携帯を使ってキャリア+MVNOを同時に運用することはちょっとむずかしいみたいだということがわかりました。

スポンサーリンク

デュアルSIM携帯を使っても、音声とデータが同時に使えない

技術的に詳しいことはよくわからないのですが、デュアルSIMの使用が3G+3Gかつ、同時待ち受け可能という機種でないと、音声とデータのSIMを2枚同時に使うことはできないみたいなんです。ところが、これに該当する機種は今のところ、Coolpad W770だけで、しかもこれがビックリするくらい高い!

次善の策として、Xperia E Dualのレビュワーさんたちが書いているようにSIMを用途ごとに切り替えて使うという方法もあるにはあるのですが、音声の待ち受けかデータ通信のどちらか一方しか受け取れないのは困りものです。WhatsAppのメッセージとか見落としちゃうだろうし……。

ということで今回は残念ながら、デュアルSIM携帯でのキャリア+MVNO運用は見送ることにしました。

Xperia E dual C1605 (Black) 海外SIMフリー携帯
Sony mobile
売り上げランキング: 31

解決策は、スマホ電話SIMかモバイルルーターの2択に

さて、デュアルSIM携帯のアイディアが頓挫した今、考えている方法は2つあります。

1つ目は、「日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData」の活用です。これはSIMを購入すると、月1638円(税別)で無料通話なし、通話料20円/30秒、データ通信200kbps使い放題という条件の元で音声+データ通信が使えるというものです。ただし、5ヵ月以内に解約すると8400円の契約解除料金が取られるので、最低でも1万6338円とそれなりの料金がかかるのが難点です。日本出発前にMNPで他のキャリアに移って端末売却+キャッシュバックで利益を上げられればこのデメリットを補えると思うのですが、諸々の作業をしている時間がない可能性も……。

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]
日本通信 (2013-11-23)
売り上げランキング: 60

2つ目は、モバイルルーターを購入する方法です。スマホ本体にはキャリア(Docomo)のSIMを挿して、SIMフリーのモバイルルーターに「日本通信 bモバイル 3G・4G 1GB定額(有効期間30日)」を指すことで音声通話とデータ通信を両立させようという案です。

今のところは、2つ目の案がいいかなと思っています。というのは、これは南アフリカ特有の事情なのですが、最近とにかく停電が多いんです。当然、電気がないとルーターが動かずADSLが使えなくなるのですが、モバイルルーター(とデータ通信用のSIM)を持っていればその時の保険にはなるかな、と。

ということで、デュアルSIM携帯が使えないのはちょっと残念でしたが、だいぶ方向性が見えてきた気がします。実際にどうしたのかは、一時帰国から戻ってきた後にまとめますので、それまでお待ちください。

それでは!

photo credit: Johan Larsson via photopin cc

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます

ブログランキングに参加しています

更新の励みになります。応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
アフリカブログ ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
海外駐在妻ブログ ランキング

シェアしていただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク